2010年は日本の政治再生の元年

二大政党を期待しての民主党鳩山政権は、普天間基地、マニュフェストの実現の為に検証なき政策の弱点を露出し全てがスローガンと云ってよい状況である。
これは問題が難しいのではなく、鳩山総理自身が見識によらず対処療法によった為におきたことである。

 1. 原理原則にもどれ
 1. 歴史に学ぶ
この2点が必要である。

2010年4月30日

« 日本の存在感とは何か

▲ このページの先頭へ戻る

カレント経済ノート

内外の 主要経済指標を網羅したビジネスマン必携の「カレント経済ノート」。2013年版は新しいデータを加え、より便利に、使いやすくなりました。ご注文は潮流社、電話またはFAXでどうぞ。1冊1千円、また、特別パック企画として12冊1万円、多部数は別途承ります。
※事前注文で100部以上は表紙にお名前を印刷いたします。

矢野弾のtwitterはこちらから。
矢野弾のtwitterはこちらから。

お問い合わせはこちらから。