Home
 

今を語る、明日を生きる

横浜市長選挙の意義するものは何か


 現代社会は判断をきちんと整理しておかないといつの間にか話題が主流を作成し、論議をするのを控えておくと論議の中の話題にされたものが論議の結論となりその結論が主流を果たし世論となることが発生する。特に選挙はその集積であり延いてはその答えを左右することが生まれるのです。今回の横浜選挙は現代社会の現象結果が結論を引き出したのです。これは十分整理し例を引き出し読み込まないと後で愕然とする事例を構築するので読みを深くして読み違いのない結論を提示しないと後で臍を噛む事になるのです。

 選挙は六名の候補者が立候補して一名現職の女性候補となるが、ここで敗因の要因は女性候補がカジノ誘致のテーマを掲げての選挙は時代性を凝視するとこれは現職の女性候補は負けるべくして敗けと読み取れるのです。横浜都市の勝利は何かと捉えると女性現職候補の純情な姿勢が敗北焦点に注意が寄せられたのです。何か、この視点にのみに論点をおいたとき三名候補であったら現職の視点が生きたが、六名に倍増した時これが読み取れない現実は横浜をギャンブル化させる読み取りは横浜市の現代化をギャンブル化のみでは存在価値はこれを拒否したのを見ると現職市長は読みが目的思考のみに集中化されると未来目的課題の価値観に遅れた事を判断すると読みが一点に込められたと読み取るべきです。

 今からの分析はきちんとしないと次の市長候補の意義はこの分析なくして読み間違いをするのです。横浜は日本の西洋化の分析を掲げてその反動がギャンブルになったのです。横浜の選挙はギャンブル化ではありません。女性候補の掲げた真の国際化の為の主張にとられなかったのです。横浜自身の近代化を究明してこそ真の横浜の近代化とさらなる都市化を提示すべき時が到来し変化と上昇化を究明する必要が生まれたのです。市民の究明はギャンブル化を越えての未来化を求めだしたのです。市民が求める未来化はこの未来化をシンボル化した選挙に変化したのです。これは時代遅れとなった思考にとられたのが敗因になったのが残念という以外にないのです。これからの時代変化を読み取る感性と論理をしかと思考に組み込むことが可能な感性と論理を組む人格が必要となりだしたのです。勉強の土台を入手するために月刊誌やテレビでいかに情報を読み込むかにかかるのです。

 今、何をお読みですか。それで究明論理は心に生み出されますか、掘り出されますか、掘り出されないならば掘り出す論理究明が必要です。市場調査を的確に、思想的に思考方法を論理的に遂行すると生み出されます。迫る自民党の総裁選挙は何を捉えますか。実は菅総理の選挙区は横浜の神奈川県第二区なのです。

矢野 弾 2021年9月26日

 
Top