<訃報のお知らせ>

 矢野弾は、令和4年3月19日午後9時に享年89歳で永眠されました。

 福岡県出身、父は元参院議員の矢野酉雄氏、母は沖縄県名護市出身の詩人でもあった矢野克子氏。元日本共産党書記長、故徳田球一氏のおいにあたります。

 矢野経済研究所元副会長、月刊「カレント」を出版する潮流社社長を歴任。沖縄ファンクラブの会長を9年間、美ら島沖縄大使、関東沖縄経営者協会顧問も務めました。

 矢野弾先生の長きにわたる社会貢献と後進育成に尽力されたことに、あらためて感謝するとともに、矢野弾サポータから、衷心よりご報告させていただきます。

 ※告別式は既にご身内にのみにおいて済ませており、ご遺志により香典、供花、供物等のご厚意は謹んで辞退させていただいております。


矢野弾サポーター 2022年4月3日